【虫歯の痛みを和らげる方法】歯医者に行けないときの応急処置と痛い時にやってはいけない事

虫歯予防ハンドブック - 虫歯の予防と原因・治療方法
トップへ戻る
  • 虫歯予防ハンドブックトップへ
  • 虫歯治療
  • 虫歯の原因
  • 虫歯治療の費用
  • 虫歯を放置すると
  • 虫歯予防
  • 虫歯と口臭
  • 虫歯の痛みを和らげる方法
  • 乳歯の虫歯
  • 虫歯治療の最新技術

波多野歯科医院は患者様の負担を軽減できる一回でインプラント治療が完了するワンデーインプラント治療が可能な歯科です。

【虫歯の痛みを和らげる方法】

基本は歯医者に行くこと

歯は一度痛みを感じたら必ず歯医者にかかって治療するべきです。なぜなら、その原因が虫歯や歯周病であろうと、あるいは他の歯の病気であろうと「自然に治る」ということはありえないからです。

C0と呼ばれるごく初期の虫歯であれば、再石灰化によって修復されることがありますが、この場合は痛みを感じるようなことはありません。また、痛む度に鎮痛剤でごまかしているうちに痛まなくなったから治った、というのは大いなる勘違いです。それは虫歯が進行して、神経が死んでしまった、つまり悪化しているということなのです。

どうしても我慢できない時の応急処置

しかし、夜中やかかりつけの歯医者が休みの時に限って、歯は耐えられないほど痛み出すものです。時には眠れないほどの激痛を感じることもあるでしょう。そんな時はまず冷やしてください。

冷たいタオルを患部側の頬に当てたり、氷を口に含んだりすると痛みが和らぐことがあります。ただし知覚過敏の人には逆効果となることがあるので注意してください。

また、虫歯部分は丁寧に磨きましょう。虫歯の穴に食べカスが詰まって、それが違和感や痛みにつながることがあります。鎮痛剤は医療機関で処方されたものがあればいちばんいいのですが、市販のものでも充分です。重要なのは飲むタイミングです。痛みがピークに達してから慌てて飲んでも、ほとんどの場合効果はありません。鎮痛剤は「痛み物質」の生成を抑えるものであり、それが溢れてしまってからでは意味がないのです。「痛くなりそうだな」と思ったらすぐに飲んでください。

また、鎮痛剤はあくまで対症療法なので、効き目が切れればまた痛み始めますし、痛みの根治にはなりません。「痛くなくなったから」と放っておかず、医療機関には必ずかかるようにしましょう。

その他、効果は人それぞれでしょうが、「ツボ押し」があります。手の平側の中指と薬指のつけ根の間の歯痛点、親指と人差し指のつけ根の間の合谷(ごうこく)、この部分を、親指と人差し指ではさんで、少し痛みを感じるくらいの強さで押すとよい、と言われています。

痛い時にやってはいけないこと

入浴や運動、飲酒は避けてください。体が温まると血流がよくなり、よけいに痛くなります。歯の痛みは炎症によるものなので、温めるのは逆効果なのです。

また、虫歯に正露丸を詰めるのは、初期の虫歯であれば対症療法としては効果があるかもしれません。正露丸の主成分であるクレオソートは歯医者でも歯髄の消毒や鎮痛剤として使われていますが、根治治療にはなりませんので、必ず歯医者で治療を受けましょう。進行した虫歯にはむしろ逆効果になることもあります。


Copyright (C) 2013 虫歯予防ハンドブック All Rights Reserved.